fc2ブログ
HARU NOTE

良かったもの 欲しいもの 気になるもの などを書いていきます

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

Fiio ポタアン

ヘッドホンは AKG K612 PRO を使っていますが、AKG K612 PRO を鳴らすには、ヘッドホンアンプが必要になります。

2014年に AKG K612 PRO とセットで購入したのが、Fiio E12 という ヘッドホンアンプ です。

当時11000円くらいで購入しました。

AKG K612 PRO だけでスマホやパソコンに繋いで聴いてみると、聴けなくはありませんが、音量をMAXにしても物足りないところがあります。

Fiio E12 を繋げて、音量のつまみを半分くらいまで回して聴いてみると、もう十分と思える程の音量が出ました。

スマホより少し小さいくらいで、厚みはスマホより少し厚いくらいです。

USBから充電可能で2時間の充電で、12時間駆動するようです。

BASSのON OFFスイッチが付いていて、ONにすると低音量が増します。

OFFでも十分低音は鳴っていますので、自分はOFFにしています。

もう古いヘッドホンアンプなので、現在はもっと性能のいいヘッドホンアンプが出ていると思いますが、AKG K612 PRO+Fiio E12 のセットで、今も現役で頑張ってくれています。

Amazonで探す
 楽天市場で探す
 YAHOOショッピングで探す

2020/09/18 19:05|音楽TB:0CM:0

AKG ヘッドホン

音楽を聴くとき、スピーカーではあまり大きな音を出すと近所迷惑になるので、スマホやパソコンからヘッドホンで聴くことが多いです。

スマホはSONYのXperiaシリーズを使っています。

SONYということで、音楽を聴くにもいいかなと思い、現在の Xperia Ace SO-02L で3台目です。

最初はイヤホンを使って聴いていましたが、耳が痛くなったり、うまくフィットしなかったりするので、ヘッドホンを探してみようと思いました。

メーカーもたくさんあり、どこのメーカーがいいのか迷いましたが、価格.comなどで調べて、評価の高かった AKG K612 PRO に決めました。

2014年に購入したので、もう古いヘッドホンですが、今でも壊れずに調子いいです。

購入した金額は、13000円くらいで、作りは安いだけあってそれなりです。

しかし、実際に音楽を聴いてみると、高音、中音、低音 のバランスがよく取れていて、癖のない素直な音を聴くことができる、現在でも評価の高いヘッドホンです。

イヤーパットはベロア素材でできていてクッション性が良く、イヤホンに比べて耳が痛くなったり、フィットしなかったりすることが無く、快適に音楽が聴けます。

マイナス点は、開放型で遮音はしませんので、音漏れはします。

コードが3mくらいあり、スマホやパソコンで聴くのには長いです。

AKG K612 PRO の性能を引き出すには、ヘッドホンアンプが必要不可欠になります。

AKG K612 PRO を直接スマホ、パソコンに繋ぐだけでは満足できる音が出せません。

ヘッドホンアンプは AKG K612 PRO と同時期に評価が高かった Fiio E12 を使っています。

Fiio E12 を使うことで、AKG K612 PRO の持っている性能を十分に引き出すことができて、とても満足しています。

Amazonで探す

 楽天市場で探す
 YAHOOショッピングで探す

2020/09/17 18:57|音楽TB:0CM:0

ザ・ミュージック

ザ・ミュージックは、イギリス・リーズ出身のロック・バンドで、1999年にバンドを結成しました。

メンバーは

ボーカル・ギター  ロバート・ハーヴェイ
リード・ギター   アダム・ナッター
ベース      ステュワート・コールマン
ドラムス     フィル・ジョーダン

の4人で構成されています。

2002年~2008年の間に3枚のアルバムをリリースし、2011年に解散を発表しました。

ザ・ミュージックのファーストアルバムは、rockin’on BEST DISC500 1963-2007 という本で知りました。

レッド・ツェッペリンとザ・ストーン・ローゼズを混ぜ合わせたようなバンドだと書かれていていたので、これは買うしかないと思い、即購入しました。

1曲目 The Dance うねるようなベースが凄まじいです。

ロバート・ハーヴェイの声は高音で、若さにあふれ元気いっぱいです。

7曲目 The People 9曲目 Disco 10曲目 Too High など、ヤバい曲ばかりです。

レッド・ツェッペリンやザ・ストーン・ローゼズに通じる名盤だと思いました。

日本盤のみボーナストラックで Alone が収録されていて、派手な曲が多い中、最後にアコースティックギターで、しんみりとした曲を聴かせてくれます。

Amazonで探す
 楽天市場で探す
 YAHOOショッピングで探す

2020/09/16 19:11|音楽TB:0CM:0
ホーム 全記事一覧 次ページ >>
Copyright(C) 2006 HARU NOTE All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.