fc2ブログ
HARU NOTE

良かったもの 欲しいもの 気になるもの などを書いていきます

ホーム 全記事一覧 << コロニル 1909 シュプリームクリームデラックス 池井戸潤(著) ロスジェネの逆襲 半沢 直樹 >>

本能寺の変 431年目の真実

天下統一を目前にして、家臣 明智光秀に討たれて49年の生涯を閉じた

織田信長

国を揺るがす大事件 本能寺の変は何故起こったのか。

定説だと明智光秀の怨恨説が一般的に知られています。

戦国時代に興味があり、本屋でタイトルに魅かれ

本能寺の変 431年目の真実 を購入してみました。

光秀の子孫 明智憲三郎さんが執筆しています。

読んでみた感想は、

ここまで徹底的に歴史書を調べ上げている本は読んだことがありません。

些細なことも漏らさず情報を集め、真実を導き出しています。

そして実に興味が沸く内容で、読み進めるスピードが上がっていき、完全に引き込まれました。

内容が非常に充実しているため、これまで3回読みましたが、飽きることがありません。

内容は濃いですが、とても分かりやすく丁寧に書き込まれているため、理解しやすく読みやすいです。

印象に残っているところは、

歴史上の大事件 本能寺の変の裏には

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、明智光秀 皆企てがあり、

・なぜ信長は少数の兵だけで本能寺にいたのか

・なぜ秀吉はあんなにも早く中国大返しができたのか

・なぜ家康の伊賀越えはうまくいったのか

・なぜ光秀は本能寺の変を起こしたのか

どれもこれも真相が知りたかったことで、

本能寺の変 431年目の真実 がすべてを解説しています。

Amazonで探す
 楽天市場で探す
 YAHOOショッピングで探す

2020/07/25 11:57|TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://jimiforever.blog43.fc2.com/tb.php/1628-904722a1
ホーム 全記事一覧 << コロニル 1909 シュプリームクリームデラックス 池井戸潤(著) ロスジェネの逆襲 半沢 直樹 >>
Copyright(C) 2006 HARU NOTE All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.