fc2ブログ
HARU NOTE

良かったもの 欲しいもの 気になるもの などを書いていきます

ホーム 全記事一覧 << 服飾造形講座〈9〉メンズウェアⅠ(体型・シャツ・パンツ) レッドウィング 8875 アイリッシュセッター >>

レッドウィング エンジニアブーツ 9268

発売された時から気になっていた 復刻版 レッドウィング 9268 エンジニアブーツ のを購入したのが3年前になります。

時間が経つのは早いもので、そんなに履いていないのに あっという間に3年経ってしまいました。

自分は1960~70年代の音楽、ファッションに興味があり、ベルボトムを数本持っています。

ストレートジーンズだけではなく、ベルボトムに合わせて履くために9268を購入したところもあります。

エンジニアブーツやペコスブーツはベルボトムとの相性が良く、歩いたときに見えるベルボトムやブーツの感じがカッコいいなと自分は思っています。

9268は、80~90年代の 2268 エンジニアブーツの特徴を再現したブーツで、足首部分が細くタイトに仕上がっていて、とてもシャープな印象です。

つま先にスチールが入っていて、ドクターマーチン 1925Z のような丸い膨らみがベルボトムによく合います。

一般的な靴で27cmを履いていますので、US9.0(27cm)にしました。

9268を実際に履いてみて

左右対称ではなく、形状や革の厚さに違いがありましたが、これがアメリカンスタイルかと納得しました。

足を入れるとき、足首のところがタイトなので、少しきつめです。

履けてしまえば靴下の厚さにもよりますが、自分は薄いインソールを入れて丁度いい感じになります。

履いた 9268 エンジニアブーツ を見ると、黒くうっすら光沢を放ち、重厚感あふれる存在が半端ではありません。

ヤバイほどカッコいいです。

かなり頑丈に作られていて、擦れたりして傷はつくと思いますが、ブーツ自体は間違いなくに耐久性に優れていると思います。

擦れたりすると、茶芯と呼ばれる下地の茶色い部分が現れて、これがいい味となり、魅力的なブーツに経年変化していきます。

履いたら馬毛ブラシでブラッシングすることを基本にしています。

9268のブラック・クロンダイク・レザーは革の表面の塗膜により、オイルが乾きにくいので、頻繁なオイルアップはいりません。

購入したときと同じ潤いや艶があるので、オイルアップはまだしていません。

オイルアップには、マスタングペーストを使おうと思っています。

Amazonで探す
 楽天市場で探す
 YAHOOショッピングで探す

2020/08/08 17:12|革物TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://jimiforever.blog43.fc2.com/tb.php/1638-64d9eea5
ホーム 全記事一覧 << 服飾造形講座〈9〉メンズウェアⅠ(体型・シャツ・パンツ) レッドウィング 8875 アイリッシュセッター >>
Copyright(C) 2006 HARU NOTE All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.