fc2ブログ
HARU NOTE

良かったもの 欲しいもの 気になるもの などを書いていきます

ホーム 全記事一覧 << ザ・ニュー・マスターサウンズ ライヴ・アット・ラ・コヴァ テデスキ・トラックス・バンド エヴリバディズ・トーキン >>

ジミー・スミス Root Down

ジミー・スミスは、ジャズ・ピアニストから後にハモンドオルガン奏者として、ソウル・ジャズというスタイルを確立し活躍、B-3という形のハモンドオルガンを普及させたそうです。

このCDを知ったきっかけは、ソウル、ファンクのアルバムを探していて、ジャケットに目が留まったことです。

ジミー・スミスがオルガンに向かい、人差し指を上げている写真とジャケット全体から時代を感じる雰囲気に魅かれました。

早速購入してみて聴いてみると、ファンク色の強い見事なアルバムでした。

Root Down は、1972年ロサンゼルスでのライヴで、6曲全てインストゥルメンタルです。

こちらのアルバムを聴くまでは、オルガンがこんなにカッコいいなんて思いませんでした。

1曲目 Sagg Shootin' His Arrow と 6曲目の Slow Down Sagg は、とても速いリズムで、ものすごくファンキーです。

Root Down 間違いなく名盤です。

Amazonで探す
 楽天市場で探す
 YAHOOショッピングで探す

2020/09/13 17:29|音楽TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://jimiforever.blog43.fc2.com/tb.php/1678-6674c8ab
ホーム 全記事一覧 << ザ・ニュー・マスターサウンズ ライヴ・アット・ラ・コヴァ テデスキ・トラックス・バンド エヴリバディズ・トーキン >>
Copyright(C) 2006 HARU NOTE All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.